トップページ 今月の星空 オンラインショッピング お支払い方法など スターライトキャラバン 会社概要

ネビュラフィルター
天の川銀河内の発光星雲を見やすくするフィルター
(nebular=英語で星雲)

 日本で「星雲」と呼ばれている天体は、夜空に光る雲のような天体を総称してこのように呼ばれているため、全天に無数に存在します。そのうち、地球や太陽を含む私達の銀河である「天の川銀河」(milky way galaxy)の外側に無数に存在していて、かつて「小宇宙」と呼ばれていた天体は、現在は「銀河」(英語でgalaxy)とよばれています。銀河は、「天の川銀河」と同じようなたくさんの星のあつまりで、宇宙空間いっぱいに様々な形や大きさのものが広がっていると考えられています。

 一方、「天の川銀河」の中に存在する「星雲」は、「星間ガス」と呼ばれる物質が、互いに干渉しあって光を放つっている「発光星雲」と、宇宙空間にある何らかの物質が、その近くにある明るい星に照らされて光る「反射星雲」と呼ばれるものがあります。このうち、「発光星雲」は、その星間ガスの分子構造によって特定の色(波長)で輝きます。このため、その光の波長を調べることによって、その星間ガスの物質を特定することができます。

●波長とは・・・・
光は、私たちの目や写真のフィルムやCCDなどの光を感じるものに対して、細かい「波」として伝わっています。これは、音が私たちの耳に届くことや、電波がテレビやラジオに届くのと同じしくみです。その波の1回分の長さのことを、音や電波では時間を単位にして「周波数」で現しますが、光では「波長」という距離で現します。単位はnm(ナノメートル)と言って、その距離は1/1000000000mと、とても細かい波です。

 私達が目にすることができる発光星雲には、地球上の酸素分子と同じ構造のものが発光していると考えられる「OIII」(オー・スリー)と、水素分子が発光していると考えられる「Hα」(エイチ・アルファ)「Hβ」(エイチ・ベータ)などがあります(HII=エイチ・ツー・HIII=エイチ・スリーという場合もあります)。

 一方、天の川銀河の中には星間ガスによる星雲以外にもたくさんの星が光り輝いています。星たちの光はさまざまな色(波長)で光っていますから、無数に星がある天の川銀河全体では、特定の「色」は持っていません。天の川銀河の中にある発光星雲は、その背後に無数に広がっている天の川銀河全体の星の光の中に見えていることになります。

 上の図は、その波長で分類した星の光と星雲の光を現したものです。波長は、短い方が青い光になり、長い方が赤い光になります。こうして分類された光の成分の中から、発光星雲の発している波長の光だけを透過して、他の光は反射してしまうフィルターを使用することにより、背後にある天の川銀河全体の星の光の大部分を反射して、星雲の光だけを見ることができるようになります。

 このフィルターが「ネビュラフィルター」と呼ばれる物です。薄いガラスの表面に何重にも薄い反射皮膜をコーティングして作られるため、普通の着色フィルターにくらべて製作に高い技術が必要となり、価格も高価になります。しかし、その効果は非常に高いもので、天体用途としてはこれまでにも数種類のフィルターが発売されています。

 ここでは、当社のおすすめするMeadeシュミカセ用のものと、当社オリジナルのハイコストパフォーマンスな2種類を紹介します。いずれのフィルターも、眼視観測でも写真・CCDでの撮影でも優れた効果を得ることができます。

ネビュラフィルターの効果の例 こぎつね座M27
眼視で見たときの感覚に明るさを調節してあります


フィルター無し


ネビュラフィルター使用

ネビュラフィルターの効果の例 はくちょう座網状星雲
眼視で見たときの感覚に明るさを調節してあります


フィルター無し


ネビュラフィルター使用

ネビュラフィルターの効果の例 オリオン座大星雲
実際に東京都心で写真撮影した例です


フィルターなし
東京都新宿区にて

UHCフィルター使用
 東京都新宿区にて
上の写真は、東京都心の山手線の内側に位置する明治公園で撮影したものです。行きつけにしているラーメン屋さんに行ったついでに(笑)、都心でどの程度まで効果があるかをテストしたときのものです。右の写真はそのときの様子で、公園内は煌々と水銀灯が灯され、人の顔がはっきりと判別できるほどの明るさでした。
 そのまま写真に撮ると、わずか8秒の露出でも左の写真のように真っ白な画像になってしまいますが、星雲の光だけを透過するUHCフィルターを使用すると、同じ8秒露出でもここまで星雲を写し出すことができます。但し、特定の色だけを透過しているため、星雲以外の星の色やバックの星空の色は不自然になってしまいます。肉眼で見た場合も、この写真とほぼ同じように見えますので、街明かりのあるところで星雲を見る場合には、UHCフィルターは有用な手段と言えると思います。
※対光害フィルターなども含めた比較写真をこちらのページに掲載しています。

この商品をお求めの際は、商品名の前にあるチェックボックスをクリックしてから、
下のボタンを押してご注文下さい。

●ミード

ナローバンドフィルター

 Meade製のシュミカセ用に開発されたフィルターで、対光害フィルターのブロードバンドフィルターと比較すると、星雲の輝線だけを透過するように設計されていて、普通の恒星などはむしろ暗くなって見えます。眼視では淡く捉えにくい散光星雲などの観測に特化したフィルターです。Meadeシュミカセ以外でも口径の大きな反射望遠鏡での大きな効果を得ることができます。

オンラインショッピング価格

31.7mmアイピース用

\21,600 (税別\20,000)

シュミカセ接眼部用

\29,376 (税別\27,200)

●スターゲイズオリジナル

UHC(Ultra high Contrast)フィルター

 科学計測用途で培われた高い製造技術により作られた、日本製干渉フィルター原版を、中国で加工することでコストダウンを図った製品。高い精度で製造された干渉皮膜は、超薄膜ながら高い硬度を持ち、表面のキズの心配もありません。
 ネビュラフィルターとしての性能は、OIII・HII・HIIIの各領域を約90%透過する設計で、他社製品とほとんどかわりません。
 空の暗く透明度の高い場所では口径8cmくらいの望遠鏡から効果があり、市街地など透明度が比較的低い場所でも口径15cmくらいから効果があります。

オンラインショッピング価格

31.7mmアイピース用

\8,640 (税別\8,000)

2インチアイピース用

\12,960 (税別\12,000)


※このページのオンラインショッピング価格には送料は含まれておりません。
この商品をお求めの際は、商品名の前にあるチェックボックスをクリックしてから、
下のボタンを押してご注文下さい。
プロキシサーバの利用などにより、上記ボタンでご注文ページヘ接続できないときは
フリーオーダー 非SSL用申し込みページより、ご希望の商品名をご記入の上お申し込み下さい。

このページに掲載している商品についてのご質問・お問い合わせはこちらから

「おすすめ商品」インデックスへ戻る


トップページ 今月の星空 オンラインショッピング お支払い方法など スターライトキャラバン 会社概要