トップページ 今月の星空 オンラインショッピング お支払い方法など スターライトキャラバン 会社概要


タイトル画像および背景画像:マーズオービターカメラ(MOC)システムで撮影した火星
Image from (C)NASA

星空案内はこちらのPDFファイルと一緒にお読みください

 今日から10月。日の入りの時間も日に日に早くなり、紅葉と夕焼けが美しい季節になりましたね。10月の夜空は、夏の星座が空の高いところに見え、まだまだにぎやかな季節です。今年はそこにさらに3つも惑星が加わり、大賑わいとなっています。午後9時ごろの星空のようすを見ると、西の空の高いところには、明るく輝く白い3つの一等星で作る大きな三角形を見つけることができます。こと座ベガ(25光年)・わし座のアルタイル(17光年)・はくちょう座デネブ(2000光年)で作られる「夏の大三角」です。中国から伝わった七夕伝説の「織り姫」「彦星」は、それぞれベガとアルタイルだと言われています。こと座の中には、8月のこのページで紹介したM57と呼ばれる星雲があります。また、夏の大三角のほぼまん中、はくちょう座のくちばしにあたるところには、、8月のこのページで紹介したアルビレオという星があります。このアルビレオのすぐ近くにあるこぎつね座という星座の中にには、先月のこのページで紹介したM27と呼ばれる星雲もあります。
 そして、夏の大三角からさらに南の空の低いところに目を移すと、金色に明るく光る星があります。この星が木星です。木星までの距離は光の速さで約40分かかりますが、木星は太陽系最大の惑星で、その直径は地球の11倍もあるため、望遠鏡でも表面の模様が良く見えます。
 木星を望遠鏡で見ると、本体にある縞模様や、まわりをまわるガリレオ衛星と呼ばれる4つの衛星を見ることができます。これは、1610年にイタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイが初めて望遠鏡で木星を見たときに発見した衛星で、イオエウロパガニメデカリストという名前が付けられています。木星はその明るさと大きさから大神ゼウスのローマ神話での呼び名ユピテル(Jupiter=英語でジュピター)と呼ばれており、そこをまわる衛星には、ゼウスに仕えていたニンフなどの名前が付けられているのです。

Meade LX200-25で見た木星
デジタルビデオカメラで撮影
 さらにその木星と並んで少し東には土星も見えてきます。土星までの距離は光の速さで約80分かかります。土星を望遠鏡で見ると、右の画像のようにくるっとドーナツ状の輪が取り巻いている様子を見ることができます。

 金星・火星・木星・土星などの惑星たちは、そのまわりの星座の星々と毎日少しずつ位置関係を変えています。その様子を毎日スケッチしていくと、私たちの地球やこれらの惑星が、太陽のまわりをまわっていることが理解できるようになります。15世紀ポーランドの天文学者コペルニクスがはじめて唱えた地動説以後、世界中の天文学者が現在まで宇宙を見つめ続けて、現在も様々な角度から研究が進められています。そして2006年には、冥王星が惑星から除外されました。その太陽系宇宙の変遷をこちらのページにまとめています。


20cmクラスの望遠鏡で見た土星
デジタルカメラで撮影

 一方、西の空の夏の星座たちにくらべて、少しおとなしめに輝くのが、天頂から東の空に見える秋の星座たちです。明るい星が少ない秋の空ですが、「馬肥ゆる秋」のごとく、東の空の中ほどに見えているのは、天馬ペガススの姿です。ペガススの四辺形は、おとなしめな秋の星たちの中では比較的わかりやすい星の並びです。ペガスス座には、、2013年10月のこのコーナーで紹介した球状星団M15があります。

 このペガススの四辺形を手がかりに、他の星座たちも探してみましょう。四辺形の西側(右側)の縦の辺をまっすぐ南のほうに延ばしていくと、まわりに明るい星がないところにひとつだけ1等星を見つけることができます。この星がみなみのうお座フォーマルハウト(22光年)です。日本ではその名の通り「みなみのひとつぼし」などと呼ぶ地方もあります。

 そして、ペガススの四辺形の北東の辺から、明るい星が4つ、やや広い間隔で並んでいるのを見つけることができます。この付近がアンドロメダ座です。ペガススの四辺形とアンドロメダ座との接点の星は「アルフェラッツ」という星で、アラビア語で「馬の中心」という意味があります。星座絵に描かれた天馬ペガススの、ちょうどおなかの部分にあたる星なのです。

一眼レフデジタルカメラで撮影したM31
APS-C一眼レフ+135mm F2.5レンズ 15秒露出
富士山須走口五合目にて撮影 
nano tracker使用
 このアンドロメダ座には、有名なアンドロメダ大銀河M31があります。私達の太陽系がある銀河系の外側、距離にすると光の速さで230万年の距離にあるとされている銀河です。しかし、この距離は実のところだんだん近くなっています(笑)。というのは、実際に銀河系とアンドロメダ大銀河が近づいているわけではなく、観測技術の向上により、その距離がだんだん正確にわかるようになってきたためです。天体観測の技術は、まだまだ進歩の途中なのです。

 この銀河を望遠鏡で見てみると、左の写真のように、その両側に小さな銀河を伴っていることもわかります。私達の銀河系にも、日本からは見ることができませんが「大マゼラン銀河」「小マゼラン銀河」と呼ばれる小さな銀河系が伴っています。是非あなたの目で230万年のかなた(と考えられている)からの銀河の輝きを確かめてみてください!。

セレストロン Nexstar+での導入方法
「3」(Deep Sky)キー→
メシエ→「031」をキーパッドから入力

Sky-watcher Gotoドブソニアン
SkyExplorer SE-GTでの導入方法
「4」(メシエ)キー→
→「031」をキーパッドから入力

Meade オートスターでの導入方法
Deep Sky→Messier Object→
キーで「31」を入力

双眼鏡や天体自動導入でない望遠鏡での見つけ方はこちら


NGC891 アンドロメダ座銀河
Sky-watcher Goto Dob 10使用
APS-Cデジカメ一眼レフ 30秒露出
茨城県筑波山風返峠
て撮影
 もうひとつ、アンドロメダ座にある面白い形をした銀河としてNGC891を紹介します。光の速さでおよそ3000万光年の距離にあると考えられていて、空のきれいな場所で20cmクラス以上の望遠鏡を使うと、細長い棒のような形に見え、少し時間をかけて写真撮影すると、左の写真のように中心に暗黒帯を伴った面白い形を見ることができます。

 アンドロメダ座には、このほかにも2006年10月のこのページで紹介した二重星アルマク2008年10月のこのページNGC752など、双眼鏡や望遠鏡で見て楽しい天体がたくさんあります。

セレストロン Nexstar+での導入方法
「3」(Deep Sky)キー→
NGC→「891
」をキーパッドから入力

Sky-watcher Gotoドブソニアン
SkyExplorer SE-GTでの導入方法
「5」(NGC)キー→
→「891」をキーパッドから入力

Meade オートスターでの導入方法
Deep Sky→NGC Object→
キーで「891」を入力

 さらに、アンドロメダ座やベガスス座より少し低いところ、まわりに明るい星がないところに、圧倒的な存在感で赤く光る星を見つけることができます。この星が火星です。今月の火星までの距離は光の速さで約3分で、今が最もよく見える時期です


9月29日の宵の東の空 中央やや右が火星 長野県野辺山高原にて撮影

 火星は地球のすぐ外側をまわる惑星ですが、約2年2ヶ月ごとに地球に接近します。しかし、接近ごとにその距離が異なります。その理由は、火星の軌道が真円ではなくちょっとゆがんだ楕円をしているためです。

 下の図は、その軌道を上から見た図になります。地球軌道と火星軌道が離れている2月ごろに接近するときには小接近になりますが、軌道が接近している8月ごろに接近するときには大接近になるのです。


Meade LX200-25で撮影した火星


2016年から2029年までの地球と火星の接近する位置
地球の軌道を鉛直方向から見た図
2020年10月6日の大接近は大変良い条件になります
接近する日 距離 視直径
2016/05/31 0.50AU

18.6"

2018/07/31 0.38AU

24.3"

2020/10/06 0.41AU

22.6"

2022/12/01 0.54AU

17.2"

2025/01/12 0.64AU

14.6"

2027/02/20 0.68AU

13.8"

2029/03/30 0.65AU

14.5"

2031/05/12 0.55AU

16.9"

2016年から2029年までの地球と火星の接近する日とその距離・大きさのシミュレーション
最遠のときは太陽の向こう側にあるので、地球からはみることができません。

2020年の火星の見かけの大きさ(視直径)の変化の様子
右下の数値は地球から火星までの距離
1AU(=Astronomical Unit 天文単位)は地球と太陽の平均距離

宇宙から見た2020年の地球と火星の接近の様子
Java scriptの関係で上の図が見られない場合はこちら
緑が地球の軌道・赤が火星の軌道
その内側の水星と金星の動きにも注目してみましょう。
各惑星の大きさはわかりやすいように大きくしてあります。
地球が火星に接近して、離れていく様子がわかりますね。
 16世紀ポーランドの天文学者コペルニクス(Nicolaus Copernicus 1473〜1543)がはじめて唱えた地動説以後、世界中の天文学者が現在まで宇宙を見つめ続けて、現在も様々な角度から研究が進められています。そのなかでも、私たちに身近な天体である太陽系天文学の変遷をこちらのページにまとめています。それぞれの時代の天文学者やアマチュア天文家が火星を観測し、火星が地球に接近する度に新たな発見を繰り返してきたのです。

 天体にはじめて望遠鏡を向けたイタリアの天文学者ガリレイ(Galileo Galilei 1564〜1642)は、その表面にもやっとした模様があることを記録に残しています。オランダの ホイヘンス(Chritiaan Huygens 1629-1695)は、赤い火星の表面に逆三角形の黒いところがあることを発見し、それが約24時間ごとに現れることを発見しました。つまり、火星も地球と同じように約24時間で自転していることを発見したのです。イタリア出身でフランスで研究をしていたカッシーニ(Giovanni Domenico Cassini 1625-1712)は、ホイヘンスが発見した自転軸の方向に白い部分があることを発見しました。火星の北極と南極にあたる場所にあるため、これを極冠(Corona polare)名づけました。

 さらに18世紀に入り、ドイツ出身でイギリスで研究していたハーシェル(Frederick William Hershel 1738〜1822)は、その極冠の大きさが南北交互に変わることを発見し、地球と同じように火星にも季節があることを発見しました。(余談ですがハーシェルはもともとオーケストラのオーボエ奏者でした。実は私もオーボエ吹きです(笑)。)

 天体望遠鏡も時代とともに大きな進化を遂げ、世界中で大口径の望遠鏡が作られるようになった19世紀後半、1877年に火星が大接近したとき、アメリカ海軍天文台ホール(Asaph Hall 1829-1907)は、ワシントンD.C.近郊にある「大赤道儀」と呼ばれていた26インチ(66cm)反射望遠鏡を使って、2つの衛星(フォボス・ダイモス)を発見しました。


スキアパレリが1877年に描いた火星スケッチ

 この接近のときには、イタリアの天文学者スキアパレリ(Giovanni Virginio Schiaparelli 1835-1910)が、ミラノ郊外にあるブレラ天文台にドイツの光学技師メルツ(Georg Merz 1793-1867)が作った22cm屈折望遠鏡を使って火星をくまなく観測し、精密なスケッチを残しています。このスケッチにはそれぞれの模様に名前が書き込まれていて、それが現在もそのまま火星の地名として使われています。このとき、スキアパレリは火星表面に溝のような地形が多数あることを発見しました。これを"Caneli"(イタリア語で「溝」の意味のCaneloの複数形)と名づけています。

 それがフランスのフラマリオン(Nicolas Camille Flammarion 1842-1925)によってフランス語に訳され、さらに英語の"Canal"(運河)と訳されたため、これがアメリカに渡ってからひとつの論争に発展します。アメリカのアマチュア天文家ローウェル(Percival Lowell 1855〜1916)は、自身の作った天文台でスキアパレリの書いたスケッチをもとに火星を観測し、その溝が「火星人が作った運河ではないか?」との仮説をたてました。ここからアメリカでの大論争が繰り広げられ、ローウェル氏を中心とする火星人肯定派と、その溝を工作物ではないとする天文学者バーナード(Edward Emerson Barnard 1857-1923)等の否定派が、いろいろな仮説を立ててお互いの正当性を主張しました。その検証をするためにより分解能の高い望遠鏡が必要となり、世界的に巨大望遠鏡建設がブームとなったのもこの時期です。この火星人の論争を題材にしたイギリスのウェルズ(Herbert George Wells 1866-1946)のSF小説「宇宙戦争」(原題"The War of the Worlds")は後に映画化されたことでも有名です。

 その後、世界各国に作れらた大望遠鏡により火星を観測した結果、この「溝」は工作物ではないことがわかり、この論争は決着を見るのですが、その後も火星に生命体が存在するかどうかについては今もなお論議が続いています。

 このように、これまで火星が地球に大接近をするたびに、新たな発見が繰り返されてきました。今回の大接近でも、もしかすると新たな発見があるかもしれません。現時点で解っている範囲では、まだ火星に生命体は確認されていませんが。私達人類が火星の最初の(?)生命体となる日もそう遠くないかも知れません。

●今年の火星はいつ、どこで見たらいいの?

 その火星は、10月の空では夜半ごろ南の空の高いところに見えています。ひときわ明るく赤く輝いているので、一目みて「あれだ」と解るはずです。天体観測をする場所は、空気がきれいで空の透明度が高く、まわりに明かりが少ない場所が良いとされています。しかし、火星をはじめとした惑星の観測は必ずしもそうとは限りません。それは、惑星たちは地球から比較的近い天体で、太陽の光に照らされて十分な明るさをもっているからです。ですから、都会のように透明度がわるく明るい空でも十分見ることができます。

 しかし、惑星観測にもよりよい条件で見ることによって、同じ望遠鏡でも表面の模様をよりはっきりと見ることができます。私たちの地球には、それを取り巻く大気(空気)があります。大気は、地表が温められたり冷めたりすると地表を移動します。これが風となるわけですが、上空の風(気流)が激しく吹くと、空気によってその向こうの宇宙からくる光がかき乱されて、モヤモヤと動いて見えてしまいます。これを天体望遠鏡で高い倍率で見ると、ぼやけてはっきりとした模様を見ることができなくなってしまうわけです。
 そこで、なるべく気流の影響を受けないようにするため、以下のことに気をつけて観測してみましょう。

火星がなるべく空の高いところに来たときに見る
 10月の火星は、日の入りとほぼ同時に東の空から昇ってきて、夜半ごろに真南の空を通過します。ですから、最も高いところに来るのは夜半ごろになります。空の低いところは、宇宙からの火星の光は地球の大気をたくさん通ってきますから、気流の影響も受けやすくなります。ですから、空の高いところに来る時間を狙って観測してみてください。

都会より、山の上
 ヒートアイランド現象などにより、都市部は常時空気が対流を起こしていて、大気の状態は決して良くありません。また、標高が低い分大気の影響も受けやすくなります。その点、標高の高い高原や山の上では、都市部よりは空気が薄くなり、地表の温度も安定しているため対流も起こりにくく、大気も安定してきれいな惑星像を見ることができます。

台風一過より、晴天続き
 秋は台風のシーズンでもあります。台風が過ぎた後は透明度の高いきれいな星空が見られますが、上空では台風に向かって強い風が吹き続けています。ですから、気流の状態は決して良くありません。それより、晴天が何日も続いて夕立が降った数時間後などは、上空の気流が非常に安定します。

火星の自転周期は24時間37分
 火星は、地球よりちょっとだけ長い24時間37分で自転しています。このため、毎日同じ時間に火星を見ていると、表面の模様がほとんどかわりません。数時間たってから見てみると、自転による模様の変化もわかるはずです。

 ガリレオがはじめて火星を見た望遠鏡は口径4cmだったと言われています。当社オンラインショッピングで紹介している望遠鏡は、最も小さなもので口径7cmですから、充分火星を見ることができます。いつか人類が立つかもしれない火星の様子を、是非あなたの目で確かめてください!。

●このコーナーより商品をお申し込みの場合、代金のお支払いはクレジットカード・Amazonアカウント・Yahoo!ウォレット・楽天アカウント・代金引換・銀行振込・郵便振替・コンビニ決済(NP後払い)・ショッピングクレジット(分割払い)がお選びいただけます。はじめてご利用の方や、決済方法など詳しいことをお知りになりたい方は、こちらのページをご覧ください。

■■■品切れのためご迷惑をおかけいたします■■■

 ただいま、おすすめラインナップ掲載商品の一部で品切れとなり、ご注文の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ございません。各商品ともご注文受付順に順次発送しております。また、現在即納できる商品も在庫が少なくなっております。なるべくお早めのご注文をおすすめいたします。

●現在即納できる主な機種(10月19日現在)
 スターゲイズオリジナル FH-842K7C双眼鏡
 Sky-watcher AZ-PRONTO・AZ-EQ AVANT + MAK90・QV80A90
 ケンコー Sky Exporer SE-GT 102M
 セレストロン Nexstar SE-Jシリーズ(全商品)
 Sky-watcher GOTO Dob 8-J
 セレストロン Nexstar Evolution 5-J・9.25-J

●長期間お待ちいただいている機種(10月19日現在)
 Sky-watcher AZ-GTi + MAK90・MAK127 (2021年2月入荷予定)
 セレストロン ASTRO Fi 5-J (2021年1月入荷予定)
 セレストロン Nexstar Evolution 6-J・8-J (2021年1月入荷予定)
 Sky-watcher GOTO Dob 10-J (2021年2月入荷予定) 12-J (2021年4月入荷予定)

惑星や星雲星団の観望に最適な望遠鏡ラインナップ
各マークについての解説はこちら
はじめての星空には、まずは双眼鏡!
はじめての天体観察に最適なお求めやすい双眼鏡。軽量コンパクトで女性やお子様でもお使いいただけます。
スターゲイズオリジナル FH-842K7C双眼鏡
\8,800
当社おすすめの入門者向け天体望遠鏡
持ち運びに便利な小型軽量に主眼を置いた天体望遠鏡。取り扱いの簡単な手動導入経緯台と超小型赤道儀・コンパクトな自動導入経緯台の3種類を選べます
Sky-watcher AZシリーズ
\28,600
初心者の方にも末長くお使いいただけるしっかりした経緯台と、安価で手ごろな価格の鏡筒をセットにした、マニアもおすすめの経緯台式天体望遠鏡!
ビクセン ポルタ"f"(エフ)シリーズ 経緯台式天体望遠鏡
\48,400
入門者向け天体自動導入望遠鏡の決定版!。手軽な価格と天体自動導入の便利さを両立したハイコストパフォーマンスモデル。
ケンコー Sky Exporer SE-GTシリーズ
\50,600
お持ちのスマートフォンやタブレットがコントローラーになる天体自動導入望遠鏡。大口径12.7cmシュミットカセグレン望遠鏡とのセットがお手頃価格で新登場
セレストロン ASTRO Fi 5-J
\93,500
老舗望遠鏡メーカーが総力を挙げて作り上げた天体自動導入望遠鏡 必要十分な導入・追尾精度を抜群のコストパフォーマンスで実現
セレストロン Nexstar SE-Jシリーズ
\99,000
大口径望遠鏡を持ち運び可能にするドブソニアン式望遠鏡と最新の天体自動導入装置を組み合わせ、誰でも簡単に目標の天体が導入できる次世代の天体望遠鏡!
もっと遠くの宇宙を見たい もっときれいな写真が撮りたい
写真撮影に最適なドイツ型赤道儀に、高性能な天体自動導入装置をドッキング! 鏡筒を載せ変えて様々な用途に使用できます
セレストロン Advanced VX赤道儀
\187,000
セレストロンの天体自動導入望遠鏡最新モデル 内蔵Wi-Fiでスマートフォンやタブレットから直接望遠鏡をコントロール! 至れり尽くせりのユーザーフレンドリーな望遠鏡 このクラスでいちばんのおすすめ商品!
セレストロン Nexstar Evolution-Jシリーズ
\231,000
天文台級の望遠鏡を持ち運びできる大きさに!国際宇宙ステーションにも搭載されている本格派の天体自動導入望遠鏡

セレストロン CPC-Jシリーズ
\418,000

Meade天体自動導入ロボットの定番 モーターで目的の天体をどんぴしゃり 大口径で迫力のある像をお楽しみいただけます
Meade LX90シリーズ
\406,560〜
Meadeの天体自動導入ロボット GPS搭載で初期設定までも自動化! 最新自動導入コンピュータオートスター2で抜群の計算能力と導入精度を誇るフラッグシップモデル

Meade LX200シリーズ
\580,800〜

この他にもいろいろな商品をラインナップしています。是非オンラインショッピングをご覧ください。

簡単アンケートにご協力下さい
このページの内容は おもしろかった ふつう おもしろくなかった
  ためになった ふつう ためにならなかった
  わかりやすかった ふつう わかりにくかった
今夜の星空を 見たいと思う わからない 見ないと思う
火星の大接近を 見たいと思う 見ないと思う それはなんですか?
望遠鏡や双眼鏡を 望遠鏡を持っている 双眼鏡をもっている どちらも持っている
  どちらも持っていない    
ひとことどうぞ
このボタンを押しても、あなたの個人情報などは送信されません

このコーナーのバックナンバー
2020年夏 6月 7月 8月 2020年秋 9月
2019年夏 6月 7月 8月 2019年秋 9月 10月 11月 2019-20年冬 12月 1月 2月 2020年春 3月 4月 5月
2018年夏 6月 7月 8月 2018年秋 9月 10月 11月 2018-19年冬 12 1月 2月 2019年春 3月 4月 5月
2017年夏 6月 7月 8月 2017年秋 9月 10月 11月 2017-18年冬 12月 1月 2月 2018年春 3月 4月 5月
2016年夏 6月 7月 8月 2016年秋 9月 10月 11月 2016-17年冬 12月 1月 2月 2017年春 3月 4月 5月
2015年夏 6月 7月 8月 2015年秋 9月 10月 11月 2015-16年冬 12月 1月 2月 2016年春 3月 4月 5月
2014年夏 6月 7月 8月  2014年秋 9月 10月 11月 2014-15年冬 12月 1月 2月 2015年春 3月 4月 5月
2013年夏 6月 7月 8月 2013年秋 9月 10月 11月 2013-14年冬 12月 1月 2月 2014年春 3月 4月 5月 
2012年夏 6月 7月 8月 2012年秋 9月 10月 11月 2012-13年冬 12月 1月 2月 2013年春 3月 4月 5月
2011年夏 6月 7月 8月 2011年秋 9月 10月 11月 2011-12年冬 12月 1月 2月 2012年春 3月 4月 5月
2010年夏 6月 7月 8月 2010年秋 9月 10月 11月 2010-11年冬 12月 1月 2月 2011年春 3月 4月  5月  
2009年夏 6月 8月 2009年秋 9月 10月 11月 2009-10年冬 12月 1月 2月 2010年春 3月 4月 5月
2008年夏 6月 7月 8月 2008年秋 9月 10月 11月 2008-9年冬 12月 1月 2月 2009年春 3月 4月 5月
2007年夏 6月 7月 8月 2007年秋 9月 10月 11月 2007-8年冬 12月 1月 2月 2008年春 3月 4月 5月
2006年夏 6月 7月 8月 2006年秋 9月  10月  11月 2006-7年冬 12月 1月 2月 2007年春 3月 4月 5月
2005年夏 6月 7月 8月 2005年秋 9月  10月 11月 2005-6年冬 12月 1月 2月 2006年春 3月 4月 5月
2004年夏 6月 7月 8月 2004年秋 9月 10月 11月 2004-5年冬 12月 1月 2月 2005年春 3月 4月 5月
2003年夏 6月 7月 8月 2003年秋 9月 10月 11月 2003-4年冬 12月 1月 2月 2004年春 3月 4月 5月
2002年夏 6月 7月 8月 2002年秋 9月 10月 11月 12月 2003年冬 1月 2月 2003年春 3月 4月  5月
2002年春 4月 5月 2002年冬 2月 3月 2002年正月 2001年冬
2001年秋 10月 11月 2001年夏 2001年春 2001年正月

トップページ 今月の星空 オンラインショッピング お支払い方法など スターライトキャラバン 会社概要